新築住宅,別荘新築,リフォーム,田舎暮らし(八ヶ岳,原村)

新築住宅、住宅リフォーム・別荘新築はお任せください。
快適な田舎暮らしのサポートもいたします。
エリア:諏訪 岡谷 下諏訪 茅野 原村 富士見 塩尻 辰野

八ヶ岳田舎暮らし-周辺情報

2017 年 11 月 1 日 水曜日

八ヶ岳山麓の大イチョウ

いよいよ氷点下を記録するようになりました。

朝は霜が降りて、諏訪湖では薄氷が張ったそうです :::ico32:::

昨年は11月に雪が積もったんだよなあ・・

 

先週、地元新聞誌で ”八ヶ岳が冠雪した” というニュ一スを目にしました。

 

PA270101

                     ”八ヶ岳ブル一” の青空が気持ちいい :::ico76:::

 

PA270119

                               おっ ほんとだ :idea:

       横岳の岩壁の所々に雪がついています。

       稜線にも雪があるんだろうな・・

       そういえば営業部のKM沢君が、一週間くらい後に、名峰甲斐駒ケ岳登山にチャレンジするとか。

       雪あるぞお 大丈夫かあ :::ico1:::

 

しばらく広々とした八ヶ岳山麓の道を走っていたら、イチョウの黄色が目に飛び込んできました :!:

 

PA270208

                                 これですわ :::ico8:::

                鳥居と祠がすぐそばにありますので、小さな神社の御神木なんでしょう。

 

PA270138

                            青空に黄色がよく映えます :::ico7:::

                            素晴らしいイチョウだなあ :::ico24:::

 

PA270215

                  この感じの写真の ”もみじバ一ジョン” も撮りたいですね :::ico35:::

                  どこかにうまい感じに絵になる場所があるか・・

 

PA270136

                        はるか遠くに槍ヶ岳がかすんで見えました。

                      さすが北アルプス。

                      遠くからでも積雪の多さがよくわかります。

                      KM沢、南アルプスも雪あるぞお(しつこい) :::ico80:::              小松 明

2017 年 10 月 11 日 水曜日

水面の静寂を乱すのは

友人と蓼科の旅館に宿泊しました。

ここの旅館で、”ほおう” と感心をするサ一ビスを目にしたので、ご紹介します。

 

その一 雨中でのご案内

かなり雨が降っていたのですが、カッパを着たスタッフの方が雨の中に立っていて、きちんとお出迎えをして

駐車場を案内してくれました。

その二 冷蔵庫を開けたら

PA070004

                  冷蔵庫の中に「おいしい蓼科の水」が冷やされて入っていました。

その三 スリッパ札

大浴場へ行ったら、スリッパを脱いだ後、自分のスリッパがわかるようにと ”スリッパ札” が用意されていました。

その四 袖をまとめるゴム

食事会場で、浴衣の袖口が料理に当たらないよう袖口をとめるゴムを渡していただきました。

 

いずれもちょっとした事ですが、”細かい部分によく気が付くなあ” と思えるサ一ビスなんですね :::ico35:::

一つ問題をあげるとすれば、食事のバイキング。

美味しそうなものがたくさんあって、あれも食べたいこれも食べたい :::ico15:::  

結局食べ過ぎて ”もう食べれない でもあれ食べたかったなあ” となってしまうんです :::ico32:::

 

宿泊した翌日は、まず御射鹿池へと向かいました。

「そろそろ紅葉しているかなあ」と思ったのです。

 

PA070037

              天気が悪かったのですが、水面が穏やかで緑の映り込みが素晴らしい :::ico7:::

 

PA070067

                        おお 今日の御射鹿池はきれいだなあ :::ico54:::                 

              紅葉はまだでしたが、これほどきれいな映り込みを見たのは初めてです。

              と、そこへ水面の静寂を乱す ”物体” が接近 :::ico68:::

              鏡にヒビが入るかのように、白い線が入っていきます。

 

PA070070

        カモたちに120%罪はありませんが、この場所ではカモたちは ”悪者” になっちゃうなあ・・  小松 明

2017 年 9 月 12 日 火曜日

蓼科の清流

東京から弟一家が帰省してきたので、蓼科にあるホテルの ”ランチバイキング” に行ってきました。

 

P8130133

                    このホテルの建物近くには清流が流れています。

                  水が冷たそう :::ico32:::

                  バイキングで美味しいものを食べて温泉に入り、昼寝・・

                  贅沢な休日です :::ico7:::

 

P8130138

     バイキングや食べ放題では ”元をとる” という発想がありますよね。

     支払った値段以上に食べないと損をする・・ ということかと思いますが、

     かえって食べ過ぎで気持ち悪くなったり、お腹をこわしたり・・ 

     最近では、

     「好きなものを美味しく楽しく食べればそれでよい。”元をとる” という発想はやめよう」とも言われています。

     私の場合、”元をとる” という考えはないのですが、食べたいものがたくさんあって、

     ついつい食べ過ぎてしまう :::ico42:::

     妻からは「食べたいものを少しづつ食べれば」と言われますが、これがまた難しい :roll:

     好きなものだからこそ、たくさん食べたいじゃないですか :::ico15:::

     ここのバイキングに来たのは2回目ですが、今回も、”ああ、あれも食べたかったなあ” 状態で撤収。

     まあ、それだけ種類豊富で充実しているバイキング、ということなんですけどね :::ico5:::

 

P8130142

                   川の水面も、こうやって写真に撮ると面白い模様になります。

        ここのホテルは最近リニュ一アルして、露天風呂に「棚湯」というのができたんです。

        「棚湯」って何かな :?:  と思って入ったら、要は小さ目の浴槽が段違いで三つくらい並んでいて、

        見方によっては棚田に見えるというもの。

        これがよかったですよ :::ico54:::

        素晴らしいアイデアです :::ico17:::

        今年、少しだけ棚田巡りを始めた私にとってタイムリ一な温泉。

        自分にとって今年の漢字一文字は、「棚」で決まりかな :::ico80:::                      小松 明

2017 年 9 月 6 日 水曜日

森を歩く

今日はいいことがありました。

朝、郵便局に行ったのですが、いつも登校途中の地元高校生の生徒さんとすれ違うのです。

この日も、郵便局の前の歩道をたくさんの生徒さんが歩いていました。

たいていの生徒さんは足早に学校へと急いでいます。

そんな中、たまたま一人で歩いていた女子生徒さんが ”おはようございます” と挨拶をしてくれたのです :::ico17:::

あわてて ”おはようございます” と挨拶を返したのですが、知っている生徒さんでもないし・・

作業着姿の知らないオジサンによく挨拶をしてくれたなあ・・

 

先月のことですが、女神湖近くのロ一プウェイに乗りました。

終点の周囲には森が広がっています。

 

P8130066

        この日は霧がでていて視界が悪かったのですが、それはそれで幻想的な雰囲気になります。

        森の中には遊歩道が設置されていて、森林浴が楽しめるんです :::ico7:::

 

P8130085

                      木の枝になにかぶら下がっているんですが・・

                      絹のような、網のような・・

 

P8130082

                           藻のようなものですかね :?:

 

P8130104

                          森の中には川も流れています。

              北海道の原生林のようじゃないですか(行ったことはありませんが :::ico80:::  )

 

P8130102

                   これがまた霧のおかげでいい感じの写真になるんです :::ico35:::

             八ヶ岳は北と南に分けて語られるのですが、

             北 :::ico113:::   森と湖、原生林と苔の森、静かな山歩きが楽しめる

             南 :::ico113:::   3000m級の山々がダイナミックに連なる 雄大な景色と広大な裾野

             それぞれの魅力を語れば、ざっとこんな感じでしょうか。

             ここは北八ヶ岳の一部。

             やっばり森の雰囲気がバツグンです :::ico7:::

 

P8130108

                    久しぶりに、のんびりと山歩きがしたくなってきました :::ico73:::           小松 明

2017 年 8 月 24 日 木曜日

高原で木を見る

名古屋市内で、誤って毒キノコを食べてしまった方がいたそうですね。

「オオシロカラカサタケ」というキノコだったそうですが、ふうむ・・ あまり聞いたことがないなあ・・

いずれにしろ大事には至らなくてよかったです。

もし誤って食べたのが「ドクツルタケ」だったら・・

doku0323 資料画像

「ドクツルタケ」 別名 ”死の天使”  :::ico32:::

誤って一本でも食べて、早期に適切な治療をしなかったら、かなりの確率で死亡します。

珍しいキノコではなく、山に行くとよく見かけます :::ico113:::  白いキノコは厳重注意 :::ico17:::

それはそうと報道によると、今年は8月に雨が多かったのでキノコが ”豊作” なんだとか :!:

マツタケ、ジコボウなんかも豊作かなあ・・

ジコボウ入りのみそ汁、うどん・・ ウマいんですよね :::ico15:::

 

P8090170

                           夏の高原は見どころたくさん。

                      空、雲、山、花・・ 木を見るのもいいんですよ :::ico62:::

 

P8090180

            こういう草原にポツリポツリと生えている木が、いい味をだしているんですよね :::ico7:::

            おっ :idea:

 

P8090191

                          この白樺の若木はいいなあ :::ico76:::

                        背景の濃い緑にもよくマッチしています :::ico54:::                小松 明

2017 年 8 月 22 日 火曜日

霧のゴンドラリフト

自宅で探しものをしていて、ベットの下の引出しをあけたら :idea:

 

P8220235

               諏訪地域にお住まいの方は、思わず ”おおっ” と言ってしまうでしょう :::ico17:::

               かつて一世を風靡し、今では跡形もなく解体されてしまったデパ一ト

               「諏訪丸光」の包装紙が敷いてあったのです :!:

               これなあ 懐かしいような つい最近まで見ていたような・・

               この包装紙、結構好評で贈り物がこの紙で包装されていると、

               ”いいものをいただいたなあ” と受け取った方がご満足されたとか :::ico76:::

               ひとしきり昔日を懐しんでいたら・・

               「あれっ 何を探していたんだっけ :::ico9::: 」 こうなっちゃうんです :::ico80:::

 

お盆休みに女神湖近くにあるゴンドラリフトに乗ろうと思って、高原をドライブ :::ico16:::

 

P8130029

                     お盆休み期間も天気が悪かったです 霧です :::ico32:::

                いやあ これでゴンドラリフトに乗って上に行ってどうするんだ :?:

                何か見えるのか :?:

 

P8130021

                            まあせっかく来たんだし・・

            こいつは若い頃、スキ一に来て乗ったことがあるだけで、夏に乗ったことはないし・・

            乗りましょう :::ico113:::

 

P8130045

                             おお 前が見えない :::ico45:::

                       霧の中から突然、下りのゴンドラが現れる 8-O

 

P8130044

                                この繰り返し

 

P8130056

                  到着をした終点の駅を出ると、なぜか御柱が建っていました。

                  これがなかなか立派 :::ico107:::

 

P8130127

            ひとしきり森の中を散策していたら、雨が降ってきたのであわてて引き上げました。

            下りのゴンドラからは女神湖が若干見えて・・

            まあ、天気が悪くても楽しめましたよ :::ico35:::                               小松 明

2017 年 8 月 18 日 金曜日

ダイナミックな高原の雲

明日からの土曜日、日曜日とお客様のご厚意で新築住宅完成見学会を実施させていただきます :::ico158:::

今朝、そのチラシが新聞に入ってきたのですが・・

おっ :idea:  私の知らなかった情報が :::ico95:::

「お子様にぬり絵や折り紙をご用意しています。きてみてね」

ほおう ぬり絵に折り紙とは大きくでましたなあ渋崎さん :::ico107:::

しかし、”折り紙の達人” を自称する私に何の相談もなくこんな企画をしていたとは・・

まあ、子供達に折り紙を指導する人がいなくて「先生お願いします」と言って来たら、重い腰を上げてもいいが・・

ちなみに私の折り紙のレパ一トリ一は、なんと四つ(鶴、かぶと、手裏剣、舟) :::ico88:::

みなさま、ぜひご家族でいらしてください :::ico162:::

(私が調達したお菓子つかみ取りのお菓子は充実してますよ :::ico4:::

 

P8090057

                      毎日のように雨だと、夏空が恋しくなりますね。

                  晴れた日の霧ヶ峰高原は、気持ちのよい風が吹いています :::ico104:::

 

P8090096

                        高原の空は広いので雲もダイナミック :::ico17:::

 

P8090110

                  雲がすぐ上にあるようで、ちょっと手を伸ばせばつかめそう :::ico22:::

 

P8090123

                  下界では焼けるように夏の太陽も、高原では柔らかな日差し :::ico7:::

             諏訪湖から1000mも標高の高いこの辺では、気温が10℃くらい違うんですよ。

             この日の下界の気温は34℃、霧ヶ峰では25℃ 8-O

 

P8090131

                         夏の霧ヶ峰では乗馬もできます。

                         こいつは毎日涼しくていいなあ :::ico35:::                     小松 明

2017 年 7 月 13 日 木曜日

第二白樺湖

連日の熱戦で沸く全国高校野球長野県大会。

昨日は土木部N島さんの息子さんが、エ一スピッチャ一として試合に臨みました :::ico107:::

結果は・・ 見事、完封勝利 :::ico27:::

N島さん曰く :::ico113::: 「入学してから三年生として臨むこの大会まで通して、最高の試合をした」

いやあ そうでしょう・・

投げては完封勝利、打っては二安打一打点。

よく ”練習ではすごいのに、本番になるとまるでダメ” という選手もいます。

反対に、ここ一番でN島さんの息子さんのように、本来の実力かそれ以上の力を出す選手もいます。

高校生といっても、まだ十代の若者たち。

やはり ”精神力” が大きく勝敗を左右しますね :::ico67:::

 

霧ヶ峰に行った帰り道、茅野のお客様から網戸張替のご依頼を受けたので、白樺湖を回って下りました。

白樺湖を通過して、少し下った場所で :::ico95:::

 

P7100224

     おお ここにちょっとした湖があることは知っていたのですが、今日は西日を受けてきれいだなあ :::ico74:::

 

P7100228

              後から地図で確認して知ったのですが、この湖は「第二白樺湖」というんです。

              へええ 「第二」とは :::ico17:::

              湖や池の名前としては珍しいですね。

 

P7100234

                        木々の緑の映り込みが、なかなか見事 :::ico7:::

                        こういう緑の映り込みで有名な池が :::ico95:::

 

みしゃがいけ新緑4small

                     茅野市のかなり山奥にある、御射鹿池(みしゃがいけ)

     本来は単なる農業用のため池ですが、CMの撮影場所になったり、有名な画家の絵のモチ一フになったり、

     今では駐車場も整備され、観光バスもやってくる名所になりました。

     ううん 第二白樺湖もいいけど、やはり御射鹿池の方がきれいだなあ・・

 

     ところで本家の白樺湖は「第一白樺湖」とは言いません(当然、知ってますか :::ico80:::

     ”昨日、白樺湖に行ってきたよ”

     ”へええ、第一、第二、どっち :?:  ”

     ”第一に行ってから、帰りに第二も寄った”

     なんて会話があったら面白いんですけど・・                                    小松 明

2017 年 7 月 12 日 水曜日

五分咲き

娘が高校野球の試合開始と終了時に鳴るサイレンが不気味でこわい :::ico32::: と言っていました。

ああ あのサイレンかあ・・

そういえば、あれにはいったいどんな意味があるんだろう・・

と、思って調べたら、戦前からずっとサイレンを鳴らしていたそうです。

理由ははっきりしないようですが、高校野球のように一つの球場で一日に何試合もやる場合、

控室などにいる次の試合の選手や係員の方に、試合開始と終了を ”音で伝える合図” といった役割があるようです。

まあ学校の授業の開始チャイムと終了チャイムみたいなものでしょう。

”警報” のようにも聞こえるので、もっとソフトな音にしたらどうか、とも思いますが、何しろ戦前から続いているんです・・

来年で夏の全国高校野球も100回になるそうですが、サイレンも立派な ”伝統”  :::ico4:::

あれをチャイムやブザ一にしたら・・ ううん やっぱりおかしいよなあ・・

 

P7100054

                             夏雲わく霧ヶ峰高原

                    ニッコウキスゲが開花の時期を迎えています :::ico10:::

 

P7100010

                これは、2日前の様子ですが、「五分咲き」といったところでしょう。

 

P7100026

                   それでも ”黄色が乱舞する景色” は十分に楽しめます :::ico7:::

 

P7100069

                            これニッコウキスゲのつぼみ :::ico8:::

                     細長いですねえ :!:

                     一つの茎の先に、こんなにたくさん花が咲くんですよ。

 

P7100131

                          さて、きれいに咲いたこの花。

                          ちょっと思いつきました :::ico126:::

 

P7100137

                カメラについている楽しい機能「ア一トフイルタ一」を使用 :::ico76:::

                これなんか水彩画ですね。

                このまま絵として飾れそう・・

 

P7100136

                                これはどうでしょう :?:

                       ”前衛的なイラスト画” といった感じでしょうか。

 

                       今年は花が多く咲きそうですよ。

                       今週末からの三連休が見ごろの時期とか・・

                       すごい人出だろうな :::ico162:::                            小松 明

2017 年 6 月 19 日 月曜日

ノビタキ

霧ヶ峰高原で、近くに鳥がいるなと思って撮影したこの鳥 :::ico95:::

 

P6140036

                           いい声をだして鳴いていました :::ico7:::

 

P6140037

                この鳥は「ノビタキ」といって、夏の高原ではおなじみの鳥のようです。

              冬期は南方にいて、夏になると本州中部以北の高原でみられる夏鳥とか。

 

P6140045

                その近くで黒っぽくて、前掛けをしているような鳥がいました :!:

 

P6140052

                  この鳥はなんだと思って調べたら、こちらもノビタキでした。

                  つまり茶褐色なのはメス、黒っぽいのはオスなんですね。

                  へええ オスとメスとで随分違うんですね。

                  知らなければ違う鳥かと思ってしまいます。

 

                 ところで、ノビタキを撮影した近くにあるドライブイン :::ico95:::

 

P6140125

                              「霧の駅」です。

           全国の国道沿いに点在するおなじみの「道の駅」。

           これを意識しているのか、それとも「道の駅」登場前からこの名前で営業しているのか・・

           いずれにしろ、うまいネ一ミングですね :::ico4:::

           その一方で・・

 

P6140137

                        「霧の駅」に隣接するのは「旅の駅」 :::ico17:::

          標高1660mにある旅の駅 :::ico113::: 「霧ヶ峰ビ一ナス」ですよ ということなんでしょうが・・

          ううん・・ つまり「霧の駅」と「旅の駅霧ヶ峰ビ一ナス」は別のお店なんですね。         小松 明

2017 年 6 月 16 日 金曜日

青空みれば

ここのところ梅雨らしくない良いお天気が続いています :::ico3:::

 

P6140121

         霧ヶ峰高原に「霧の駅」というドライブインがあるのですが、この辺から見た高原と雲 :::ico22:::

         すっかり夏空です :::ico17:::

 

P6140009

             霧ヶ峰スキ一場のリフト終点、丘の頂上は「忘れ路の丘」と呼ばれています。

           このドライブイン付近から「忘れ路の丘」へ手軽に行かれる散策路があるんです。

           天気の良い日は気持ちいいですよ :::ico73:::

 

P6140103

                     小さくて黄色いこの花がたくさん咲いていました :::ico125:::

                     しばらく歩いて到着した「忘れ路の丘」

 

P6140027

                八ヶ岳、富士山(この日は見えず)、南アルプスの素晴らしい眺望 :::ico74:::

     あたりには誰もいない・・

     いやいや、悪さをするわけではありません。

     諏訪市出身で ”お天気博士” と呼ばれた気象学者、藤原咲平さんがこの場所で詠んだという歌 :::ico95:::

     「草に臥(ね)て 青空みれば 天と地と 我との外に 何物もなし」

     この歌、大好きなんです :::ico7:::

     よし、草にねてみよう :::ico113:::

 

P6140022

                              いいなあ 青空 :::ico7:::

                   藤原先生が見た青空は、どんな空だったのでしょうか・・              小松 明

2017 年 3 月 17 日 金曜日

花の楽園「西岳」

富士見町のお客様から網戸の張り替えのお仕事をいただきました。

ありがとうございました :::ico158:::

張り終った網戸を納品した帰り道・・

 

P3160360

                           富士見町からの八ヶ岳

               ”八ヶ岳ブル一” の青空が見事です :::ico35:::

               富士見町は諏訪の南に位置するため、八ヶ岳も違って見えます。

 

P3160173

                           阿弥陀岳(左)と赤岳(右奥)

                   へええ 阿弥陀岳がこんな風に見えるんだ 8-O

                   諏訪、茅野から見るのとまったく違った山に見えます。

 

P3160123

                      富士見から見ると真正面に見えるこの山 :::ico8:::

    「西岳」といいます。

    標高2398m。主稜線からはずれているため、ちょっと ”地味” な山。

    私も登ったことがありません。

    八ヶ岳の ”八” とはどの山を指すのか、という問いについては諸説があります。

    ”これで八つ” というわけではなく、 ”たくさんの山の連なり” という意味で ”八つ” と呼んでいるという

    説が有力ですが、それでも ”八つを特定しなさい” と言われたら、これも諸説があります。

    西岳を八つの内の一つと数える説もあり、入れない説もあり・・

    まあ 、八ヶ岳の ”八” についての「公式見解」はないわけですね。

    この西岳、富士見町の公式ホ一ムペ一ジによると

    「西岳山頂でまず目を奪われるのが高山植物の多さ。夏山シ一ズンには多くの高山植物が可憐な花で

    楽しませてくれる。山頂は一部木に覆われているが、編笠山のなだらかな山容が一望でき、その奥から

    富士山も顔をだす。また南アルプスや中央アルプスも美しく眺望できる。」

    ほおう 高山植物多数 ”花の楽園” ときましたか :::ico10:::

    いやあ 知らなかったなあ・・

    ”これは登ってみるしかない” と思い、登山コ一スを調べたら・・

    〇富士見高原から往復5時間。

    〇登山道のほとんどが樹林帯の中で単調なため、八ヶ岳の中でも最も登山者の少ない山。

    〇コ一ス全体として展望のない単調なル一トのため面白みに欠けるといった印象。

    〇西岳単独ではつまらないので、編笠山を一緒に登るとよい。ただし歩行時間は10時間ほどになる。

    ネ、ネガティブな文章が並びます :::ico9:::

    一方で「秋にはキノコが多数発生」 :::ico17:::

    樹林帯の登りは ”森林浴” と割り切って、登るべし :::ico107:::

 

P3160046

                       ア一トフィルタ一を使って編笠山を撮影

                 残雪の編笠山名物 ”登りコイ 下りコイ” がくっきりですな :::ico46:::        小松 明


ページ先頭へ

渋崎建設株式会社
〒392-0010
長野県諏訪市渋崎1722番地 TEL.0266-52-0443(代)
FAX.0266-58-0021