渋崎建設がご提案する、高品位住宅とは。
Highquality housing

ふと目にした一瞬にも、オーナーとなって時間を共にする日々においても、高品位住宅が放つ個性は、
いつでもあなたを夢中にさせるに違いありません。
クリエイティブな感性に匠の技を融合したシンプルでクールなデザイン。
洗練されたフィーリングとともに味わう、鮮烈のインテリア。空間のしつらえにおける、本物の豊かさ、心地よさ。
渋崎建設のフィロソフィーを最も濃密に体現できる各モデル。
あなたのライフスタイルは、高品位住宅基準に変わり始めます。

選ばれるつの理由

省エネルギー基準

これからの必須の基準
更に求められる「省エネ住宅」
対応します

ローコスト

自社にて設計施工を行い
低価格で高品位な住宅を
ご提供します

自由設計

想いやこだわりのいっぱい
詰まった“夢の住まい”を
カタチにします

地元密着

この地域で長年営業している
私達だからこそ出来る生涯を
通じてのお付き合い

新着情

商品ラインナップ

シンプルベーシックからモダンまで、渋崎建設ならではの多彩な高品位住宅

設計基準-耐震

設計基準を見る

長期優良住宅対応の高耐震

[柱の直下率60%以上]
[耐力壁線の直下率60%以上]

住宅金融支援機構の基準を満たした上で、更に建物構造の強化を図る耐震基準を強化しています。グリッド構成による間取りプラン作成で、構造の安定とバランスを考慮した設計を行っています。

直下率とは

  • 柱の直下率=2階の柱の下に1階の柱がくる割合
  • 耐力壁の直下率=2階の耐力壁の下に1階の耐力壁がくる割合
FC002の柱・耐力壁の配置
柱・耐力壁の配置

標準仕様

標準仕様を見る

充実の標準仕様

家づくりの流れ

家づくりの流れを見る

想いがカタチになるまで

ご契約までは費用はかかりません。
設計費

高品位住宅の施工事例1Construction Case 1

静かな音楽と一杯のコーヒー ゆったりと時間が流れる住み良い我が家

・木造在来工法
【延床面積:93.57㎡ 敷地面積:143.35㎡】 3LDK

【現場担当者より】

住みやすさと実用性を追求したコンパクトな間取り。 それでいて吹抜けを設け、無垢フローリング、照明、壁紙などの色使いにこだわり、アンティーク感漂うくつろぎの空間が生まれました。

高品位住宅の施工事例2Construction Case 2

くつろぎのリビング、薪ストーブのある家

・木造在来工法
【延床面積:133.50㎡ 敷地面積:274.97㎡】 3LDK

【現場担当者より】

外観はスタイリッシュでモダンな雰囲気。内部は穏やかな雰囲気に仕上りました。
広いリビングには、土間、化粧梁を設けて薪ストーブがあります。
収納もたっぷり設け、実用性も抜群!

高品位住宅の施工事例3Construction Case 3

開放感が増す吹き抜けのある家

・木造在来工法
【延床面積:142.00㎡ 敷地面積:638.75㎡】 3LDK

【現場担当者より】

重量感あふれる外観。内部はリビングから2階のホールまで、開放感たっぷりの吹き抜けがあります。吹き抜けがあるのに冬の朝でも室内気温は、10℃以上という暖かさ。
その秘密は、北海道仕様の断熱材・窓にあるんです。

スタッフブログ

  • " alt="N様邸 地鎮祭" width="110" height="86" />
  • 11月13日

    N様邸 地鎮祭

    先週末に、N様邸の地鎮祭が無事執り行われました。 早朝まで降り続いた雨も、地鎮祭前には降りやみ、 眼....
  • 阿寺ブル一ふたたび
  • 10月19日

    阿寺ブル一ふたたび

    「日本の棚田百選」に選ばれている飯田市のよこね田んぼを見た後、 写真撮影が好きな友人をどうしても連れ....
  • 桜のようなイチョウ
  • 10月18日

    桜のようなイチョウ

    洗濯物乾きませんね なんか主婦のようなことを言いますが、毎日自宅に帰って洗濯物をたたむのは私の ”日....
  • よこね田んぼ
  • 10月17日

    よこね田んぼ

    今日は娘の通う高校で諏訪湖一周の強歩大会が実施される予定でしたが、雨のため延期になりました。 諏訪湖....
  • 天竜峡駅
  • 10月16日

    天竜峡駅

    まあよく雨が降りますね ふと思ったのですが、町中に掲示されている選挙ポスタ一。 あれ、どんなに雨が降....

お電話でのお問い合わせはこちらから

0120-12-0443

渋崎建設株式会社

〒392-0010
長野県諏訪市渋崎1722番地 TEL.0266-52-0443(代)
FAX.0266-58-0021


このページの先頭へ