お宅訪問リポート Case1

渋崎建設で住宅を建てて頂いたお客様の訪問リポートです。

Case 1

Happy House

住まい手の気持ちがこもった手づくりの「木の家」

住まい手の気持ちがこもった手づくりの「木の家」

k10
道路面からの外観

道路面からの外観

玄関まわり

玄関まわり

木の香りが漂う玄関ホール

木の香りが漂う玄関ホール

リビングと続きの和室

リビングと続きの和室

リビングからキッチン方向

リビングからキッチン方向

リビング上を廻るファン

リビング上を廻るファン

ガラス屋根のウッドデッキ

ガラス屋根のウッドデッキ

浴室から八ヶ岳が望め、桧の香りに癒される空間

浴室から八ヶ岳が望め、桧の香りに癒される空間

洗面脱衣室はオール無垢材、洗面台は特注品

洗面脱衣室はオール無垢材、洗面台は特注品

造り付け玄関収納

造り付け玄関収納

玄関引き戸はガラス戸と夏用のよしず戸が入り、二重 になっています

玄関引き戸はガラス戸と夏用のよしず戸が入り、二重 になっています

駐車スペースからポーチにつながって

駐車スペースからポーチにつながって

間取り

間取り

「手作りの木の家」誕生

9月のまだまだ残暑厳しい中、諏訪市豊田の小泉様邸を訪問しました。一歩家の中に入った瞬間から心地よい木の香りが漂ってきました。それもそのはず、この家は長野県産材『から松』を使用しています。床は無垢材、壁は自然素材の珪藻土。リビングにはご主人のこだわりの薪ストーブが置かれていました。築65年になる以前の土蔵づくりの家を取り壊し建て替えられました。2009年5月から住まわれて約一年半。小泉様はこのお宅で全ての季節を体感されたわけです。

『実際にお住まいになっていかがですか?』との質問には、ご主人も奥様も口を揃えて「本当にとても快適な住み心地ですよ。」と答えられました。 実際とても暑い日の取材でしたが、断熱もしっかりしているため、家の中はとても涼しく快適でした。 ご主人は以前、精密関係のお仕事をされていましたが、家づくりの前には、熱心に林業の勉強を始めておられました。その関係で家づくりも、絶対、木(特に県産材)を使った家、という思いがありました。そのこだわりと家づくりの夢を実現したのが渋崎建設です。

構造上の研究や細心の工夫

表面には現れない構造上の研究や細心の工夫もされています。屋根は二重の断熱構造。外壁や床下にもきっちりとした断熱を施しています。また小屋裏は換気棟(自然換気)また、南から北へそよ風が抜ける交換構成により、夏場の暑さにも対処できるようになっています。このしっかりした住宅性能こそが、夏は涼しく・冬は暖かくという快適性につながっていきます。現に小泉様邸では、夏はエアコンなど一切使わず、冬場も薪ストーブ一台だけです。補助暖房も、結局こたつも使用することはありませんでした。「床も暖かいですね」とのこと。

また外観・内観ともにとてもこだわりの造りとなっています。高い天井高は開放感をもたらし、天井下をゆったりと回るファンのおかげで、室内の温度環境を快適にします。リビングと続きの和室もバリアフリーになっており、とても使い勝手の良いスペースです。リビングと和室の間には隠し扉があり、泊まりのお客様がある時など、必要な時には閉め切ることが可能です。これは奥様の希望でした。 屋根の角度や、庇の長さなどは、季節の日射角度を十分調査、考慮した上で決められました。化粧梁などは、見た目もきれいにするため釘やボルトが決して表面に出ないように、細かい工夫がされています。その梁の色合いは深みを増し、とてもいい色になってきていました。

浴室からは八ヶ岳が望め、桧の香りに癒される自由空間

玄関扉は「和」を基調とした二重の木製引き戸になっており、ガラス戸とよしずが入り趣むきのある見事な出来映えとなっています。そのかたわらには木製のベンチが置かれています。お客様もこのちょっとした心遣いが嬉しいことでしょう。ガラス屋根のウッドデッキも様々な作業に、あるいはちょっとお茶を飲んで一息などと、とても使い勝手の良いスペースになりました。また浴室からは八ヶ岳が望め、桧の香りに癒される自由空間になっています。

最後に渋崎建設のアフターやメンテナンスの対応などもお伺いしました。

「アフターやメンテも、こちらから言い出す前に積極的に『どうですか住み心地は?』と見に来てくれるのでとても助かります。もちろんちょっとした細かいことで連絡しても、すぐに駆けつけてくれて対応してくれるので心強いですね。建てる前はそのあたりはどうなんだろうと思っていましたが、全く安心ですね。これからもずっと末永くお付き合いができるな。」というのが正直な感想です。 またこんな言葉もいただきました。 「素晴らしい設計士さんと熟練の大工さん、そして現場代理人の渋崎建設、山口さん。その三者がうまく機能し、トライアングルのように見事に調和することにより思い通りの家が誕生したわけです。アフターも全てをわかっていただいている渋崎建設さんがすぐに対応してくれる。そんな他には無い素晴らしい家づくりのシステムをもっともっとアピールされた方がいいんじゃないですか(笑)」と逆にはっぱをかけらました。

奥様のこの家につけられたネーミングが「Happy House」。まさに「これからもずっと愛着の持てる手作りの家」が誕生したのです。 本日はお忙しい中、突然の取材にお答えいただき本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

建築家から一言

「Happy House」とは奥様からのネーミングです。そして、「愛着の持てる家作り」の物語がスタートしました。建物の価値は構造や機能も大切ですが、住まい手の家に寄せる愛着で決まります。家作りに掛けた情熱が家の価値であり、それが建物に現れるのです。土地選びから設計・施工、そして完成してからの生活まであなたが主役の物語作りです。そんな住まい手の気持ちがこもった手作りの「木の家」なのです。長野県産材と塗り壁で仕上げた、体に優しい自然素材の家です。

現場代理人から一言

「Happy House」は、県産材をふんだんに使うこと等、お客様の住まいに対するこだわりがいっぱい詰まった家です。技術的にも、細かい納まり部分に凝った設計になっており、施工する上で苦労しました。
特注の玄関引戸をきれいに納めるために何度も打合せを行い、検討を重ねました。
苦労は多かったですが、また楽しいものでもあり、自分の経験に大きくプラスになりました。

テーマ 木と塗り壁の家(Happy House)
所在地 諏訪市
家族構成 ご夫婦
延床面積 117.41 m2
敷地面積 529.64 m2
設計 諏訪n設計企画 一級建築士吉川 一久
構造形式 木造軸組み工法 平屋建て

主な外部の仕上げ

屋根 カラーガルバリウム鋼板横葺き
軒天井 杉板張り12ミリ化粧野地板表し、ノンロット塗り
外壁 漆喰塗り
腰板 からまつ板15ミリ、ノンロット塗り

主な内部の仕上げ

天井 杉板張り12ミリ、オイル拭き
漆喰塗り
からまつ縁甲板15ミリ張り、オスモカラー塗り
その他 断熱材:ネオマフォーム、断熱アルミサッシ、薪ストーブ