お宅訪問リポート Case2

渋崎建設で住宅を建てて頂いたお客様の訪問リポートです。

Case 2

<はる>の家

街中に住みながらリゾートを楽しむ家

街中に住みながらリゾートを楽しむ家

s1
庭からデッキを見る

庭からデッキを見る

柔らかな陽光が射し込む開放的なリビング。笑い声の絶えない空間です

柔らかな陽光が射し込む開放的なリビング。笑い声の絶えない空間です

吹き抜け部からリビングを眺める

吹き抜け部からリビングを眺める

薪ストーブがおかれた暖かなリビング

薪ストーブがおかれた暖かなリビング

手洗い。壁にはミッキーマウス

手洗い。壁にはミッキーマウス

s7
書斎から吹き抜けを見る。右は子供室

書斎から吹き抜けを見る。右は子供室

浴室からつぼ庭を見る

浴室からつぼ庭を見る

玄関から中庭を見る

玄関から中庭を見る

子供の成長 記録の思い出の靴も階段脇に

子供の成長記録の思い出の靴も階段脇に

街中に住みながらリゾートを楽しむ家

秋に入りすっかりといい気候になった10月、今回お訪ねしたのは下諏訪町の酒井様のお宅です。それまで駒ヶ根や諏訪の官舎住まいをしておられたのですが、お子様も誕生し、諏訪湖の近くで、ご主人の趣味の自転車を走らすことのできる絶好のロケーションの土地を購入され家作りの計画を始められました。

いろんな住宅メーカーに相談をされましたが、予算オーバーになったり、奥様のご希望の珪藻土の壁も「トイレだけなら・・・」と言われたり、設計もどうもしっくりこなかったりと、なかなか思うような家作りができませんでした。

そんなある時、以前からお知り合いだった渋崎建設の細谷さんに思い切って相談してみました。「私の考え間違ってる?予算は少ないのかな?」と。すると細谷さんは「とんでもない、十分ですよ」と答えました。建築家の吉川先生の設計をもとに、酒井様の新たな家作りの物語がスタートしました。

知恵とアイデアとなによりも家作りの情熱で住宅メーカーでは不可能だった事が次々と実現していきました。

コンセプトは素晴らしいロケーションを最大限に生かした「街中に住みながらリゾートを楽しむ家」です。機能的でありながら、遊び心も十分取り入れた家。「光を浴び、風を感じ、子供たちと遊ぶ事のできる家」です。その名も「陽(はる)の家」と名づけられた家が誕生したのです。

庭に面する玄関へのアプローチもおもむきのある作りです。玄関扉をあけると、ゆったりとしたホールがあらわれます。そこにはご主人のお気に入りの自転車が置かれてあります。リビングは吹き抜けでとても開放感のあるとても気持のよい空間です。リビングからはデッキ・庭が続いています。

他では無理だといわれた事が次々と実現

奥様に住まい感をお訊ねしました。

—実際住まわれてみての感想をお聞かせくださいー

「3年になるんですけれど、とても快適なんです。今年の夏は暑かったのですけれど、家の玄関扉を開け家に入るとヒヤーッと涼しいんですね。逆に、冬はすごく暖かいですね。使用する暖房は薪ストーブ一台だけです。床暖房も入っているんですけれど滅多に使わないですね。おかげで電気代もかからないですね。薪も思ったより減らないです。(薪は奥様の実家のりんご畑より調達します)アレルギー体質なので、念願だった珪藻土の壁は麻の入ったものを使用しています。他では無理だと言われた事が、次々と実現して、それ以上のものができて、渋崎さんにお願いしてほんとに良かったです。」

住宅完成後、当初候補に挙がっていた他住宅メーカーの方も訪れ、その出来栄えに感心していったそうで「これなら私のところが負けても仕方ありません」と。

また、何人かの人がぜひ家を見せてくれと突然訪れる事もあるそうです。
奥様のご希望の足湯には近所の子供たちも入りにきてとてもにぎやかなようです。
自然が大好きで、なによりも環境面を考えておられるご主人の思いで、太陽光発電も屋根いっぱいに搭載しました。

最後にアフターメンテの事もお伺いしました。

「ちょっと電話するとすぐに来てくれますし、なにかあったら徹底的に直してくれるのでとてもありがたいし、頼ります。年末は窓を拭きにお掃除隊が来てくれましたよ。」

子供の成長もしっかりと刻まれた家、街の中にありながら大いなるリゾートを楽しめる家。酒井様、吉川先生、渋崎建設、みんなで考えて、みんなで一生懸命作った家だからこそ10年後、20年後ますます愛着の持てる家になっていくことでしょう。

建築家から一言

私は長く住んでいただける家が良い家だと思います。家の寿命は物理的性能よりも、家を建てるときどれだけ愛情を込めて作ったか、またどれだけ愛着をもって住んでいるか、それが良い家の最大の条件だと思います。計画の段階でゆっくりと時間をかけ、将来の生活設計を考えて、工事にもできるところは参加してみましょう。同じ家に長く住み続けていることを自慢できる社会になるといいですね。

現場代理人から一言

お客様からいただいた豊富な経験を生かし、今の現場を最高の仕上がりにすることを心がけています。

テーマ 陽<はる>の家
所在地 下諏訪町
家族構成 ご夫婦、お子様
延床面積 181.69 m2
敷地面積 330.58 m2
設計 諏訪n設計企画 一級建築士吉川 一久
構造形式 木造2階建て

主な外部の仕上げ

屋根 カラーガルバリウム鋼板横葺き
軒天井 杉板天井
外壁 ジョリパット塗り
腰板 ガルバリウム(角波加工)張り

主な内部の仕上げ

天井 杉板張り
珪藻土塗り
無垢フローリング
その他 断熱材:ネオマフォーム、断熱アルミサッシ、薪ストーブ