新築住宅,別荘新築,リフォーム,田舎暮らし(八ヶ岳,原村)

新築住宅、住宅リフォーム・別荘新築はお任せください。
快適な田舎暮らしのサポートもいたします。
エリア:諏訪 岡谷 下諏訪 茅野 原村 富士見 塩尻 辰野

諏訪便り

2018 年 4 月 23 日 月曜日

諏訪湖畔の新緑

今朝、仕事で中門川に行った所、鯉が泳いでいるのが見えました :::ico44:::

川に魚が泳いでいるのが見えると、なぜかうれしくなりますよね :::ico76:::

 

桜の季節もさすがに終了間近 :::ico32:::

諏訪の街中では、シダレ桜が少し残っていて、今は八重桜がきれいな花を咲かせています。

 

P4200082

                     諏訪湖畔のシダレ桜がきれいに咲いていました :::ico7:::

                   その周辺を見渡すと・・ 

                   知らないうちに新緑の緑がまぶしくなってきていました :::ico64:::

 

P4200076

          石彫公園の羊たちが、のんびりと草を食べる奥では ”柳四兄弟” がそろっています。

 

P4200057

                   青空をバックにした柳の新緑は、私のお気に入りの写真 :::ico35:::

                   毎年必ず撮っています :::ico4:::

 

P4200089

                          今年の柳は一段と爽やかだなあ :::ico54:::                   小松 明

2018 年 4 月 20 日 金曜日

江音寺の桜と柳

最近 ”えずく” という言葉をよく耳にするのですが、”吐き気をもよおす” といった意味なんですね。

この言葉はまったく知らなかったので、新しい言葉かと思ったら昔からふつうに使われているとか。

つまり、使う地域と使わない地域があるということか・・

まあ諏訪では、「おえってなる」 とか言うよなあ・・

 

諏訪市から辰野町へと続く峠道「有賀峠」の登り口に「江音寺(こういんじ)」というお寺があります。

標高が少し高いこと、山沿いのため日があまりあたらないこともあって、結構遅い時期に桜が咲いているのです。

 

P4180005

                   まず目に入るのが、このお寺のシンボルの大きな柳 :!:

                   八ヶ岳方面の展望も抜群です :::ico17:::

 

P4180008

                      それで庫裏の屋根ごしに見える大きな桜 :::ico58:::

                      この時期でこの ”花量”  8-O

 

P4180072

            立派な山門があって、両脇をこの大木が助さん格さんのように固めているんです。

            こいつはスギかなあ・・

 

P4180081

              境内にはシダレ桜もあって、赤く開花したハナモモ、新緑の柳、満開の桜・・

              この場所ならではの光景ではないですか :::ico76:::

 

P4180094

                       それにしてもここの桜はデカいですわ :::ico54:::

 

P4180043

                     庫裏の屋根をアップで撮影すると、見事な曲線美 :::ico35:::

                 隣接する建物の屋根の模様が背景に写って、これは面白い :::ico76:::        小松 明

2018 年 4 月 19 日 木曜日

鯉のぼり泳ぐ

昨日のニュ一スを見ていたら、ここのところウナギの稚魚がとれず、ウナギ不足が深刻化しているとのこと :::ico32:::

”ウナギの町” 岡谷市のあるウナギ屋さんでは、通常の営業日でも ”売り切れ御免” で一定数以下の

ウナギしか提供しないとか・・

”そうか・・大好きなウナギが食べれなくなるかも・・” と心配をした私ですが、あることに気が付きました :idea:

休日のある日、お昼の弁当を買いにコンビニに寄ったところ、おっ ウマそうなアイスがあるなあ :::ico113::: 3、4個購入。

ろくに値段を見ないで会計をしたら、やっ やけに高い :::ico9:::

自分の中で ”アイスの標準値段” というのがあって、今は1個100円くらいかな、と思って買っているんです。

子供のころは、アイスといえばそれはもう1個10円。

今はなき上諏訪駅前にあった「丸光デパ一ト」のレストランで、数カ月に一度、ソフトクリ一ムを食べさせてもらうことが

最高の贅沢 :::ico76:::

それで、この時コンビニで買ったアイスが、なんと 1個180円くらいだったのです :::ico42:::

いやあ・・高いアイス買っちゃったなあ・・ まっ ウマかったですけどね・・

つまりですねえ なにを言いたいかと言うと、そういう感覚でふだん生活をしている私ですので、

ウナギの数がどう転ぼうと ”もともとウナギは滅多に食べられない” というわけなんですよ :::ico32:::  トホホ :::ico83:::

 

P4160005

         今年も諏訪市西山公園の桜がきれいに咲いて ”ピンクの山” が出現していました :::ico58:::

         5月が近づくと、西山公園には毎年恒例の名物が登場 :::ico17:::

 

P4160023

               そう 毎年この時期になると、たくさんの鯉のぼりが登場するのです :::ico46:::

 

P4160075

            結構高い場所にもロ一プが張られて、たくさんの鯉たちが元気に泳ぎます :::ico44:::

 

P4160053

                これなんかもう大空に鯉たちが ”放流” されたようです :::ico68:::

 

P4160093

             まだ桜が咲いている場所では、お花見をしながら鯉のぼりが楽しめるんですよ :::ico54:::

 

P4160115

     それにしても毎年、これだけの鯉のぼりを飾りつける関係者のみなさまの努力はたいへんなもの :::ico158:::

     なんか毎年、数が増えているような気がするんですよね・・

 

P4160133

                 西日がまぶしい鯉のぼりの空に飛行機が通過していきました :::ico3:::

 

P4160127

                               面白かったのはコレ :::ico8:::

     この鯉たちはいったいどうしたのでしょう :?:

     仮説1 ロ一プにくくりつけられる鯉の数は限られる。つまり ”これ以上鯉はロ一プにしばれない”

          ということになってしまい、あぶれた鯉たちを仕方なく支柱にくくりつけた。

     仮説2 地上にも鯉たちをくくりつけて賑やかにしようということで、 ”あえて” 支柱にくくりつけた。

     仮説3 また作業の途中。これからロ一プにくくりつける鯉たちを、いったん支柱に ”仮とめ” してある。

     仮説4 いったんロ一プにしばったものの、あまりにもやる気がなく、空を泳ぐ素振りのない ”不良鯉”

          たちを見せしめとして、さらしものにしている。

     仮説5 ”鯉の干物” をイメ一ジした飾り付けをした。

     いやあ 想像が膨らみますなあ :::ico80:::                                      小松 明

2018 年 4 月 18 日 水曜日

校舎からお花見

今日は朝から雨だったのですが、お昼前から急に晴れてきました :::ico3:::

これで週末までよい天気が続くようですね :::ico7:::

2020年の大河ドラマが明智光秀になりそうだとのニュ一スをみました。

いやあ それはすごいなあ

明智光秀といえば「本能寺の変」

日本の歴史上、最大の謎と言われることもあります。

明智光秀が織田信長を裏切った理由としては、単純に ”パワハラ上司に頭にきた” という説のほかにも、

秀吉か朝廷が裏で画策したとか、信長がキリストのように一度死んでから生き返り、自らを神格化しようとして

光秀に協力させた(つまり実際には死んでいなかった)なんていう、すごい説もありますね。

ううん 大河ドラマになるとして、脚本の先生は本能寺の変のおこった理由について、どのようにもっていくんだろう :?:

やっぱり ”パワハラ上司に頭に来た” で行くのかなあ・・

そうすると本能寺の変の少し前に、諏訪大社上社本宮の隣にある「法華寺」というお寺で、信長が光秀に激怒して

寺の欄干に何度も光秀の頭を打ち付けた事件があり、これが光秀が ”最終決断” に至ったきっかけになったとも

言われているんですが、このシ一ンがでてくるかなあ :::ico45:::

いずれにしろ楽しみですね :::ico10:::

 

P4100027

                中門川の中流域、諏訪中学校付近では毎年きれいな桜が咲きます。

 

P4100011

            中門川流域は下流に行くと、これもまた見事な桜が多くあり、

            いつか ”中門川桜めぐり徒歩の旅” をやってみたいと思っているんですよ :::ico10:::

 

それで、この日はもう少し上流まで足を伸ばし、隣接する諏訪実業高校付近まで行ってみたのですが・・

 

P4100032

                  おお これはまた素晴らしく大きな桜があるではないですか 8-O

              ここの学校の校舎は3階建なのですが、同じくらいの高さがありそうです。

 

P4100036

                           いやいや これは大きい :::ico54:::

 

P4100038

                     こいつを校舎の中から見たらどんな感じでしょう :!:

              上から見たら完全に花しか見えなくて、すごいお花見ができそうです :::ico76:::

 

P4100079

                    青空が濃すぎて、桜が飲み込まれてしまいそうです :::ico35:::             小松 明

2018 年 4 月 17 日 火曜日

お寺のシダレ桜

諏訪の桜前線は、低地から標高の高い場所へと移動していきます。

標高750Mくらいの、諏訪盆地の平野部の桜はだいたい終わり。

今朝の地元紙紙面によりますと、今は標高1000M、茅野市糸萱(いとがや)地区の桜が見ごろのようですね :::ico7:::

 

P4130025

            下諏訪町に「慈雲寺」というお寺があるのですが、ここのシダレ桜が素晴らしい :::ico35:::

 

P4130035

                          お寺にシダレ桜はつきものですね。

                     なぜでしょう :?:

                     ”お寺” という空間にシダレ桜が似合うからかな・・

 

P4130044

                ここのお寺は入口付近と本堂前の庭にもシダレ桜があるんです。

              それで ”シダレ桜の向こうにシダレ桜が見える” 光景が楽しめます :::ico4:::

 

P4130069

                          本堂前のシダレ桜も実に華やか :::ico24:::

 

P4130125

                   ここのお寺にはシダレ桜のほかにも名物があるのです。

                   それがコレ :::ico95:::

 

P4130100

                             素晴らしく立派な松

                           見事な枝張りなんですよ :::ico54:::

 

ところで、シダレ桜で有名なのが京都の醍醐寺。

”花の醍醐” とも言われているそうで、豊臣秀吉がお花見会をひらいた場所としても有名。

そこのシダレ桜が :::ico95:::

 

1024-768 資料画像

                               こ これはスゴイ 8-O

             大きさ、枝の張りっぷり、花の鮮やかさ・・ どれをとっても ”シダレ桜の王様”  :::ico81:::   小松 明

2018 年 4 月 16 日 月曜日

諏訪湖が見える

諏訪地域の桜の名所でなかなか行かなかった場所・・

下諏訪町の「水月園」です。

なんか人がたくさんいて混んでいるようなイメ一ジがあって、行くことがなかったのですが、

たまたま見た写真に諏訪湖がきれいに写っていたので、行ってみようかと・・

 

P4120094

                     駐車場のまわりを囲むように桜が咲いています。

           なんだ まあ平日ということもあるでしょうが、そんなに混んでないじゃないですか :::ico17:::

           これならば、もっと早く来ればよかったなあ・・

 

P4120146

                  なるほど ”諏訪湖と桜” この場所ならではの展望です :::ico54:::

 

P4120167

                       少し上に登った場所から見るとこんな感じ :::ico7:::

 

P4120198

               桜につきもののヒヨドリが飛び交う中、諏訪湖では遊覧船が出航中 :::ico100:::

          おっ 写真左上 「上川大橋」の奥に見える青い屋根の建物は、当社ではないですか :::ico5:::

 

P4120220

                         対面の山々の上に白く飛び出す三角錐

                 子供のころ ”あの山はどこの山だろう” と不思議に思ったものです。

                 これは「甲斐駒ケ岳」

                 別名 ”山の団十郎” あいかわらず、いばっているなあ :::ico107:::              小松 明 

2018 年 4 月 13 日 金曜日

諏訪湖畔のスイセン

諏訪湖畔に広い空地があります。

かつて工場だった場所で、現在は諏訪市の市有地。

諏訪湖花火大会の時は「当日有料自由席」として大活躍するんです :::ico107:::

そこの土地に、昨年あたり小さな桜が植えられたのですが・・

 

P4120019

                     みんな順調に成長して、一斉に花が咲きました :::ico7:::

 

P4120079

 多少は伐採するのかもしれませんが、これから更に大きくなっていくと、かなりの ”お花見適地” になると見ました :::ico54:::

 まあここの敷地には無断で入れないので、少し離れて見るしかないのですがね・・

 そうやって、桜の写真を撮っていたら、おっ :idea:

 

P4120056

           諏訪湖畔に設置されている遊歩道の土手にスイセンが咲いているのですが、

           こいつらを望遠レンズで撮影すると、いい感じの絵になるではないですか :::ico76:::

 

P4120052

                            木をバックにしたりね :::ico5:::

 

P4120037

                        背後に、ぼおっと写っているのは穂高連峰

               こうなると気分は ”残雪の北アルプスをバックにした安曇野の春” かな :::ico80:::    小松 明

2018 年 4 月 12 日 木曜日

お堀がすごい

今日、所要があって諏訪市役所市民課の窓口に行きましたら、窓口受付が ”番号札をお取りください” 方式になっていました。

この方式は銀行さんでいち早く目にするようになったのですが、市役所にも導入されたわけです。

順番がきちんと整理されるという目的のほかに、番号で呼ぶので個人情報が保護されるという意味もあるみたいですね :::ico5:::

 

高島城の桜の見どころの一つ :::ico95:::

 

P4100334

                          お堀に大きくせりだした桜 :::ico76:::

         それでお堀に沿って歩いていたら、シダレ桜がきれいに咲いている場所があったのです :::ico17:::

 

P4100185

                  こんな感じで ”ピンクのカ一テン” が見れるんですよ :::ico35:::

                  今年の桜は咲くのが早かった分、当然散るのも早い :::ico32:::

                  それで、散り始めた桜の花びらがお堀を埋めはじめていて・・

 

P4100203

                             どうですこの光景 :::ico24:::

      咲いているシダレ桜とお堀を埋め尽くした白い花びらが、まあなんというか絵具をぶちまけたよう :::ico54:::

      このお堀の光景はすごいですわ :::ico18:::

 

P4100156

          ”こんな感じの写真が撮りたいなあ” というイメ一ジがあって、お堀と桜を撮っていたら、

         思ったような写真にはなりませんでしたが、まあ、これはこれで味のある写真が撮れました :::ico7:::

         たぶん風情のわからないK日あたりは「なんすかコレ」と言うでしょう。

         ふん この写真見るなよK日 :::ico45:::                                     小松 明

2018 年 4 月 11 日 水曜日

桜の浮城

学校で新入生をむかえるこの時期。

高校生の娘に聞いた話では、新入生に人気があるのは ”高校から登場する部活” だそうです。

弓道部などがその代表。

数十年前、私は高校に入学して写真部に入部しました。

私が入学した高校は当時は男子校で ”パワハラ” がひどかったのです。

入学して最初の土曜日の午後の部活の時間。

先輩からのお言葉 :::ico95:::

「俺たちはテニスをしているから、これから町に出てH高校の女子の写真を5枚以上撮ってくるように」

えええ :::ico88:::

H高校というのは近くにある女子校。

それで拒否できるわけがなく、町に出て・・

ううん どうだったかなあ・・

中学の同級生にたまたま出くわして頼み込んで、写真を撮らせてもらったような・・

よく覚えてないのですが、無茶な注文だったよなあ :::ico32:::

 

定番すぎて、なかなか行かない場所 :::ico113:::  桜の高島城公園です。

人が多いということもありますが、まあそれでも1回くらい様子を見ますか、というのが私のスタンス。

それで昨日、まあそれでも・・ということで寄ってみたのですが :::ico95:::

 

P4100225

                     あれ こんなに桜が多かったかな という感じ 8-O

               いやいや 今年の高島城公園は素晴らしいではないですか :::ico76:::

 

P4100245

      高島城はかつて諏訪湖に浮いているように見えたことから ”諏訪の浮城” と呼ばれていました。

      ちなみに「日本三大湖城」という、くくりがあって、

      島根県の「松江城」 滋賀県の「膳所城」 そして「高島城」が三つとして数えられているそうです。

      こうして桜越しに天守閣を見ると・・ 「桜の浮城」が登場です :::ico54:::

 

P4100264

                  池のほとりにあったこのシダレ桜が実にきれいなんですよ :::ico35:::

 

P4100254

                  白とピンクが花の中で絶妙に混ざり合って、なんとも華やか :::ico24:::

 

P4100276

                            いやあ 実に素晴らしい :::ico24:::

                       私の中で高島城の桜の評価、急上昇 :::ico8:::

 

P4100292

               天守閣へと向かう階段は、ひっきりなしに人が行きかっていました。

               団体のお客様も多数。

               やっぱりお城と桜は絵になりますからねえ :::ico7:::

 

P4100293

                    冠木橋を渡ってお城に入りすぐの場所にあるこの桜。

                大きさといい見事な枝ぶりといい・・

                私の中で勝手に ”高島城桜のボス” に認定しているんですよ :::ico80:::        小松 明

2018 年 4 月 10 日 火曜日

春の紅白

大谷選手がメジャ一リ一グで大活躍ですね :::ico76:::

アメリカで野球観戦をしたことがある友人に聞いたのですが、例えば観戦中、ポップコ一ンを買おうとします。

その場合、近くに来たポップコ一ン売りの方に手を上げると、ポップコ一ンを入れた包みを

ボ一ルのようにピュッと正確に投げてくれるとか :::ico113:::

それで代金は、これも ”アメリカ流”  :::ico133:::

観客の方がバケツリレ一のように、手渡しで隣の方に渡して、売り子のもとに届けるのだとか :::ico113:::

観客間で助け合うという ”暗黙のル一ル” があるそうです。

日本人は、見ず知らずの方のお金を、たとえ一瞬であったとしても ”預かる” というのはちょっと抵抗があると思います。

やはりアメリカは「自由の国」だなあ :::ico81:::

 

ここのところ少し肌寒い日が続いていますが、諏訪の桜はあちこち満開中 :::ico24:::

上川大橋の袂に桜があって、これがきれいに咲いているんですよ :::ico7:::

 

P4090259

                桜の下に咲いている白い花、たまに見かけますが何というのでしょう :?:

                ピンクと白のコントラストが素晴らしいです。

 

P4090308

         昨日、オリンピックのパシュ一トなどで金メダルを獲得した高木菜那選手ほか

         日本電産サンキョ一の選手のみなさんが、下諏訪町でパレ一ドを行いました。

         大勢の方が詰めかけたようですが、ニュ一スを見ていたらパレ一ドの沿道に桜が咲いていて、

         実に華やかな雰囲気でしたね :::ico35:::

 

P4090317

                   ピンクの桜とやや白い桜が入り混じって、こちらも華やか :::ico35:::

 

紅白といえば梅もそうです。

会社の近くに、白い梅と赤い梅が隣り合って咲いている場所があるんです。

 

P4090379

                                 紅い梅

 

P4090397

                                白い梅

この二つの木が隣り合っているのですが・・

 

P4090365

                   伸びた枝が密接しあって、紅白仲良く咲いています :::ico29:::

               ところで紅梅のことを少し調べたら、ビックリすることがありました :::ico95:::

 

               41210_02 資料画像

          紅梅の枝の断面は紅い色をしているそうなんです 8-O (白い梅の断面は白色)

          へええ はじめて知りました :::ico87:::                               小松 明

2018 年 4 月 9 日 月曜日

雪をよぶカメラ

土木部KG君からカメラを新しくしてほしいとの要望がありました。

なんでも、防水・防塵・耐ショックのタフなやつがよいとのこと。

加えてさすが「雪を呼ぶ男」「年一回あるかないかの除雪出動を必ずゲットする男」です。

”除雪写真がうまく撮れるカメラ” をご所望です。

まあ「除雪モ一ド」なんていう機能がついているカメラがあればよいのですが、

それはさすがにないので、見るからにタフそうな赤いカメラをネット通販で注文。

そして今朝 :::ico95:::

 

P4090085

                          ここは旧宮川沿いの満開の桜 :::ico7:::

           もうおわかりでしょう :::ico146:::

           KG大先生が使用されるがカメラが今朝、宅配便で会社に到着。

           そしたらこのカメラの到着を待ってたかのように、激しく雪が降りだしたのです :::ico75:::

 

P4090116

          これはもう都市伝説ではなく、”実話” として当社の歴史の中で語り継がれることでしょう。

          それにしても、まさかこの時期に雪をよんでしまうとは 8-O

          KG先生の恐るべき力に、ただただ桜の前で茫然と立ち尽くすのみ :::ico83:::

 

P4090167

               背景に写っている白い点は、花びらが散っているわけではないですよ。

               雪です :::ico1:::

 

それで、天気予報では午後から晴れるということだったのですが・・

 

P4090190

                      こういう光景が見れるかな・・と待ってました :::ico10:::

                まだ雪雲がかかる山々を背景にした、上川堤防沿いの桜 :::ico76:::

 

P4090212

                         山の稜線の連なりがいいんです :::ico54:::

 

P4090242

              ちなみに今日の除雪当番は誰かな :?:  と思って確認したら、なんと私でした :::ico17:::

              不肖小松明 KG大先生に一歩近づいたかもしれません :::ico80:::               小松 明

2018 年 4 月 6 日 金曜日

タクアン和尚

今日は風が強い :::ico9:::

せっかく咲いた桜が散ってしまうのでは・・ とひやひや :::ico32:::

当社に入社した新入社員は昨日までの研修期間を終え、早くも今日から ”実戦配備” です。

新入社員研修・・ ふうう あの話を語らねばなりますまい。

私が新入社員の頃は「新人類」などという言葉が生まれ、違う人種のように見られたものです。

入社して数週間後・・ 

とある全国規模の会社さんが主催する「行動力強化訓練」と題した、研修会への参加を命じられました。

千葉県の山奥にある寺に全国各地から、新入社員に限らず、色々な会社のみなさんが集まり、

4泊5日で共同生活を送るのです。

そのメニュ一は挨拶訓練、自己改善スピ一チ、夜間40KM強歩訓練、座禅・・

どうです、精神と肉体を鍛えるという ”昭和の香り” 満載の内容でしょう。

それで、どうにか研修をこなし、閉講式となりました。

研修生のみなさんの顔にも安堵感が漂います :::ico66:::

そして研修生代表の挨拶。

静まり返った中で、研修生の中でもある程度上の役職でいらっしゃるという方が、講師のみなさんへの感謝の挨拶を述べます。

その中で・・ いやね、座禅を指導してくださった和尚さんが ”高橋和尚” という方だったのですが、

挨拶の中で緊張感がマックスになったのか、

「高橋和尚さんから座禅のご指導をしていただき」 と言うべき所を、

「タクアン和尚から・・」と言ってしまったのです :::ico45:::  決してギャグではなく、大まじめ 8-O

しかし、ご本人は間違えたことに気がついたのに、平然と挨拶を続行 :::ico113:::

まわりのみなさんはおかしくて仕方ないのですが、この研修の根底に流れる ”空気感” に警戒して笑うことができません。

へたに笑い声をあげようものなら、「だれだっ 笑ったのは :::ico51::: 」となって、せっかくこのまま帰れそうなところが、

”もう一泊” にもなりかねない。

それで私も必死に笑いをこらえて・・ 帰りの電車の中ではもうこの話題で大盛り上がりでしたよ。

なつかしいなあ :::ico83:::

 

P4050020

                 ほぼ毎日仕事で訪れる、「中門川」の桜が満開になっていました :::ico7:::

                 毎年咲くのを楽しみにしている桜の一つです。

                 やっぱりこの桜も早いですわ :idea:

 

P4050030

            「天下一の桜」高遠公園の桜も、観測史上最速で昨日5日に ”満開宣言” :::ico4:::

            今朝の地元紙紙面によれば、この時期は桜の開花に合わせた行事計画も多く、

            桜の開花のあまりの早さに苦慮されている方が多いとか・・

            まあ 桜には罪がないんですけどね :::ico32:::

 

P4050017

             やや 例年ソメイヨシノなどが終わりのころ咲く、このシダレ桜がすでに満開 8-O

             お前さん それはあまりにも早いんでないかい :::ico68:::                   小松 明


ページ先頭へ

渋崎建設株式会社
〒392-0010
長野県諏訪市渋崎1722番地 TEL.0266-52-0443(代)
FAX.0266-58-0021