桶とのマッチング

地鎮祭などの神事の際に使う柄杓を新しくしました。

インターネット通販で探して注文をしたものがきました !

 

P1308152

                             竹製です

         インターネット通販は便利なんですが、注文をする前に実物を見ることができません :::ico32:::

         どんなものが来るのか少し心配していたんですが、よいものが来ました :::ico7:::

 

P1308168

                       見事な作り込みでしょう :::ico118:::

              この値段でこんなに良いものが買えるのかと大満足 :::ico5:::

    

     ところが・・

     この話を営業部Kさんにしたところ、私のやることに必ずイチャモンをつけないと気がすまないこの男

     「問題は桶とのマッチングですよ。いくら物が良くても桶と合ってなければねえ・・」

     くく・・  おのれおのれえ :::ico45:::

 

P1308161

                 どうです !  桶とのマッチングもいいじゃあないですか :::ico10:::

                 見たかK ! 「正義は勝つ」 :::ico4:::                              小松 明

第三の名所

霧ヶ峰へと続く坂道の途中に、諏訪湖がよく見える場所があります。

 

P1298103

                             ここが入口 :::ico8:::

                   車道から少しだけ歩いて登った場所です。

                   まあ、知っている方はごく限られているのでは・・・

 

P1298105

            踏跡がついているので、そうはいっても訪れた方がいますね。

            私が知っている諏訪湖を眺める名所といえば、

            1 立石展望台(諏訪市民なら、まあ大体知っています)

            2 中央道諏訪湖サービスエリア(全国でも屈指の人気を誇るサービスエリア)

            と、いったところですが、ここの場所は「第三の名所」 → 諏訪市四賀という地積にありますので、

            ”四賀展望台” と名づけましょう :::ico4:::

 

           1分ほど歩いて、登りついた場所に待っているのが、この展望 :::ico95:::

 

P1298112

                            諏訪湖が一望 :::ico17:::

                標高が高い場所にあるので、高度感が素晴らしい :::ico153:::

                この場所では、北アルプスの眺望も抜群 !!

 

P1298142

                            槍ヶ岳の天を突く穂先

 

P1298143

                           厳冬期の穂高連峰

 

P1298130

    今朝はマイナス10℃近くまで冷え込みましたが、諏訪湖に残っている氷は見た所、ここだけ :::ico88:::

    下諏訪町の漕艇場付近。

    御神渡り・・ 期待している方、ごめんなさい :::ico158:::

    まず、無理でしょう・・

 

P1298125

                 諏訪湖花火大会の中心部、初島が真正面です。

                 と、いうことはつまり・・

                 花火の絶好の観覧場所ですね :::ico27:::

                 そう思ってまわりを見渡すと・・

 

P1298148

          雪に埋もれてよくわからないのですが、なんとなくひな壇のようになっている気がします。

          もしかして、花火大会当日は多くの人が来ているのかも 8-O                     小松 明

樹氷か樹霜か

霧ヶ峰へと続く山道。

 

P1288061

                       おお :idea:  あたり一面白銀の世界

 

P1288087

                  こんなふうに木の枝が真っ白になっているんです :::ico27:::

 

P1288031

                             近寄ってみると・・

               雪がくっついているのかなと思いましたが、ちょっと違いますね・・

               こういうの樹氷というのでしょうか ??

 

P1288042

                           さらに近寄ってみると・・

                   何でしょう、このトゲトゲは :::ico139:::  ”針の山” のようです。

 

          不思議に思って少し調べたら、「樹霜(じゅそう)」というのがあるんですね :::ico17:::

          「空気中の水蒸気が昇華して樹枝などに付着した樹枝状ないし針状の結晶」 

          うんうん これでしょう :::ico4:::

 

P1288069

                        カラマツ林がきれいですねえ :::ico10:::

 

P1288092

                             ところがところが

                しばらく山道を上って行った所、突然「樹霜」が消滅。

                ふつうのカラマツ林に・・

                いやあ、何でしょう :::ico9:::

                ある一定の標高の範囲でのみ見れたんです。不思議でしょう :?:           小松 明

山間の無人駅

高山本線の猪谷駅。

山間の無人駅です。

 

P1027475

                     この、ひっそりとした雰囲気・・大好きです :::ico7:::

 

     ところで、少し前から気になっている無人駅に北海道の石北本線「上白滝」駅があります。

     石北本線は札幌から網走を結ぶ路線なんですが、札幌から網走までは特急「オホーツク」でも

     何と、5時間30分もかかるんです。

     北海道、広いですねえ :::ico153:::

 

     上白滝駅すごいんです。

     お隣の駅、上川駅からの距離が何と34km。この間の所要時間が約50分 :::ico17:::

     途中に通過する駅があるわけではありません。

     単純に ”次の駅” までが50分なんです :::ico27:::

     さらにさらに、一日に停車する列車は上り1本、下り1本のみ :::ico32:::

     上川と反対側の隣の駅が「白滝」というんですが、朝、白滝方面に向かう列車が7時4分発。

     これで終わり・・

     夕方、白滝方面からやってくる列車が17時8分着。これ1本のみ・・

     つまり、上白滝周辺に住まわれている方が、白滝方面への通勤・通学に使う列車が朝1本のみあって

     帰ってくる列車が夕方1本のみ・・

     いずれも、始発であり、終電。この1本を逃したらアウト :::ico88:::

     何も知らない方が、朝、上川から来た列車でこの駅で降りてしまったら、10時間待たないと帰れません :::ico42:::

     ううう・・すごいじゃないですか、この緊張感???

 

P1027480

                    猪谷駅で富山行きの普通列車が待機中

                    こう見えて、かなりのお客さんが乗車されていました。              小松 明      

雪の高山本線

高山本線に乗りました。

この路線、岐阜から高山を経由して富山に通じる山岳路線。

一度乗ってみたかったんですよ :::ico10:::

 

P1027401

                     美濃太田という駅から北上しました↑

                     飛騨川沿いに列車は進みます。雪です。

 

P1027465

                    高山を過ぎたあたりから雪が深くなります。

                    駅名標識が埋まってしまいそうです :::ico9:::

 

P1027470

                     必死に雪の重みに耐えているようなトイレ :::ico107:::

 

P1027466

                          聞きしにまさる雪の量 !!

                          これ線路です :::ico17:::

                このくらいなら、ちゃんと列車は走れます。この日も定刻運行 :::ico4:::

                列車内にいた学生さんが話をしていました。

                「鉄道は雪には強いが風には弱い」 なるほどなるほど・・

 

P1027478

                  すっかり暗くなった頃、山間の駅「猪谷」に到着。

                  ここで富山行きの普通列車に乗り換えです→                    小松 明