中学生なめてました

今朝の新聞に、毎年恒例「第一生命サラリ一マン川柳」の内、

投票で選ばれたベスト10の作品が掲載されていました。

毎年素晴らしい作品が多いのですが、今年は一段と素晴らしい :::ico24:::

その中にすごい作品があったんですよ :::ico95:::

「やせなさい」 腹にしみいる 医者の声

これを考えた人のセンスはすごいですね :::ico158:::

もうおわかりでしょう。

芭蕉の有名なあの句 :::ico113:::  しずけさや 岩にしみいる 蝉の声

これを文字っているんですね :::ico5:::

”腹にしみいる 医者の声” って

思い出すだけで、当分ニヤリがとまりません :::ico80:::

それから :::ico95:::

いい数字 出るまで測る 血圧計

なんとタイムリ一な :::ico45:::

実は来週、当社の定期健康診断があって、社員全員が受診するのです。

血圧計の前で・・

「180 そんなはずはない もう一度・・ 160 いやいやもう一度だな・・」

こんな会話が聞こえてきそうです。

さらにさらに :::ico95:::

ノ一残業 趣味なし金なし 居場所なし

これね ”働き方改革” の一番の問題点ではないかと、心配しているんですよ :::ico32:::

この前の10連休では、食事が終わった後、片づけもせずひたすらゴロゴロしている

だんなさんの姿に、殺意すら覚えたという話題がありました。

”休みをとれというが、いったいどこで何をすればいいんだ :!:  やっぱり会社にいるのが

一番落ち着く”  :::ico113::: 深刻な問題ですな :roll:

 

諏訪地域の中学校では、2年生になると地域の色々な会社に生徒さんを派遣して

実際に仕事を体験してもらうという「職場体験学習」を実施しています。

今年は当社もはじめて男子生徒3名の受け入れをさせていただきました。

2日間の学習ですが、初日にやってもらった仕事は ”アミ戸張り”

当社随一のアミ戸張り職人を自負しております、不詳小松明が一枚見本で張ったところ・・

生徒さんたち なんの躊躇もなく仕事にとりかかり、

”えっ” と思っている間に、どんどん仕事をすすめていくではないですか 8-O

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか経験者かっ と思わせるような仕上がりと、仕事の速さ :::ico68:::

いやあ 中学生ナメてましたわ :::ico158:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15枚以上のアミ戸の張り替えを半日足らずで完了 :::ico17:::

まさかこれだけの量をすへて終わらせてしまうとは・・

完全に想定外です。

翌日視察に来られた先生には、

”もう一人前のアミ戸職人なので、学校のアミ戸の張り替えがあったら、彼らに依頼するとよいですよ”

と、お話をしたしだいです :)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これなんだかわかります :::ico8:::

3時にお皿にのっけてお菓子を出したのですが、生徒さんたちが帰った後片づけをしようと思ったら、

きちんとお皿がまとめてあったんですよ :!:

サッカ一のワ一ルドカップで日本代表のロッカ一ル一ムは、試合後きれいに片づけられて

素晴らしかったという、清掃員さんが投稿した写真がありましたが、まさにそんな感じ :::ico7:::

こういうちょっとした心使い、好きなんですよ :::ico35:::  ありがと        小松 明

幻の国宝

少し前ですが、松本市の「旧開智学校校舎」が国宝に指定されるとの報道がありました :!:

 

 

 

 

 

資料画像

 

これで松本市にある国宝は松本城とこの旧開智学校の二つになるわけです。

ニュ一スでは、長野県内にある国宝を紹介していたのですが、

善光寺、松本城、縄文のヴィ一ナス・・ おっ 諏訪市にも二つあるのか 8-O

 

 

 

 

資料画像

 

諏訪市にある国宝といえば、「サンリツ服部美術館」所蔵のこの茶碗 :::ico8:::

本阿弥光悦作 白楽茶碗 銘 不二山

これですね :::ico5:::

本阿弥光悦さんの最高傑作といわれているこの茶碗。

このほかにも国宝があったのか :?:

調べたら、なんということはない

サンリツ服部美術館には、もう一つ国宝があったのです :idea:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資料画像

 

 

可翁(かおう)筆 「寒山図」

なんでも中国から水墨画が渡ってきた南北朝時代に、高い技法で描かれた名作で

”幻の国宝” といわれているとか :::ico27:::

へええ そんなすごいものがあったのか

サンリツ服部美術館はSEIKOを世界的なブランドに育てた功労者とされる、

服部時計店3代目社長の服部正次氏とその長男でセイコ一エプソン社長であった、

服部一郎氏のコレクションを展示するため、平成7年諏訪市の諏訪湖畔に開館した美術館。

つまりこれらの国宝は ”服部さんの私物” であったというからすごい 8-O

開館から25年もたつのかあ・・

いやね 行ったことないんですよ :::ico80:::

そりゃあ、諏訪湖畔を通るたび目にしますから、あるのは知っていますが・・

諏訪市民でも行ったことのある人はなかなかいないのでは・・

そしたらですね

今朝の地元紙朝刊にタイムリ一な記事があったんですよ :::ico95:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「寒山図」 6月30日まで公開中です :::ico17:::

66年前の国宝指定以来、2016年の初公開に続いて2回目の公開

ひじょうに貴重な機会です。

つまり国宝指定が1953年、初公開が2016年なので、その間なんと63年 :::ico63:::

これだけの期間 ”そういう国宝があるのは知っているが、見たことがない” 状態だったのですね。

それで ”幻の国宝” かあ

これは見たい :::ico10:::

しかし入館料が 1,100円 :::ico113:::  ここですな :::ico32:::

500円くらいだったら妻に話を切り出せますが、1,000円オ一バ一だと :::ico42:::

小松 明

これは葉っぱかあ

天気予報は偉大ですね :::ico4:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から強い雨がふっていたのですが、昼前には ”予報どおり” 青空が見えてきました :::ico54:::

しかしここ3日ばかりは、風が強かったですね :::ico104:::

昨日は諏訪で秒速15mの強風が吹いたそうですよ 8-O

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

諏訪湖畔沿いの道路では、かりんの花がきれいに咲いています :::ico7:::

ツツジの白い花も目立つようになってきて、この季節は ”白い花” の季節ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしたらですね、石彫公園近くに、大きなハナミズキがあったんですよ :::ico17:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナミズキはよく街路樹として見かけますが、

こんなに大きなものはなかなか見たことがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くで花を見ると、花びらの先っぽが何か変な感じ :?:

これはいったいどういうことだろう・・ と思って調べたら、驚きましたわ 8-O

この白い花びらと思っていたのは、実は葉っぱだったんですよ :::ico45:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「総苞片」(そうほうべん)というそうで、花びらかと思ったのは色づいた葉っぱなんです。

本当の花は、この総苞片に守られるように中心に密集して咲いているそうで、

いやあ・・ それはわからんわ :::ico9:::

どう見ても ”白い花” だよなあ・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公園の入口付近には紅白のツツジが咲いていました :!:

これは意識して隣どうしに植えたのかなあ :roll:                小松 明

荒れ狂う諏訪湖

土曜日から風が強いです :::ico104:::

昨日少しおさまったかと思ったら、今日がまたすごい風 :::ico9:::

いったいどうしたのでしょうか・・

たまたま岡谷方面に行く用事があって、諏訪湖の西側を走っていたら、

岡谷が近づくにつれて、諏訪湖の荒れ具合がひどくなっていくではないですか 8-O

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釜口水門付近の護岸

ザッパ一ン という具合に波が押し寄せています :::ico113:::

風向きは茅野方面から岡谷へという南東の風。

それで岡谷に来ると諏訪湖の荒れ具合がひどいのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水門を乗り越える勢いの波 :::ico8:::

せっかくなので、釜口水門の上に行ってみることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっ 風を正面からまともに受けるため、これは危ない :::ico75:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対岸の諏訪市方面を望遠で見ると、なんという茶色の水 :roll:

”濁流” というやつですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水門の放水口付近をのぞいてみました。

ああ 風で体がもっていかれそう :::ico45:::

”諏訪市の会社員が、釜口水門の上で写真撮影をしていた所、強風で体が飛ばされて

水門に転落。捜索をしているものの安否は不明”

なんていうことになったら、シャレになりませんわ :::ico42:::

急いで水門の上から逃げ出しました :::ico68:::                 小松 明

わらじまつり

連休に福島に行ってきました。

2年ぶりくらいの訪問です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はゆっくりと市内を歩くことができました。

通りの要所に、福島の名産・名所を紹介してくれる ”案内ボックス” みたいなものが

設置されているんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これね 「花見山」 :::ico58:::

写真家の秋山庄太郎氏が 「福島に桃源郷あり」 と称えたそうなんです。

桜の咲いている時期に来たかったなあ・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福島駅の駅前広場には、大きな花時計がありました。

花時計・・ かなり昔ですが、諏訪湖畔にもあったんですよ。

今の間欠泉センタ一のあたりだったかな・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライトアップされた新緑が、素晴らしい色をしていました :::ico62:::

ところで、福島の名物の一つに ”円盤餃子” というものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じの餃子です。

これはガイドブックを見ながら夜の街をフラフラしていた時に見つけた、居酒屋さんで食べました。

餃子を丸く円盤状に並べていることから ”円盤餃子” というのでしょうが、並べ方だけでなく

味もバツグンでした :::ico76:::

それで街を歩いていた時に見つけましたよ :::ico45:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福島市のカラ一マンホ一ル :::ico54:::

しかも設置間もないようなピカピカのもの :::ico24:::

このデザインは何か :?:

答えは街の中にありました :::ico95:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福島わらじまつり :::ico56:::

これがマンホ一ルデザインになっていたのですね :::ico17:::

日本一の大わらじ(長さ12m 重さ2t)というのはすごいなあ 8-O

この大わらじは毎年作りかえられるのか・・

祭りの後はどこかに保管されているのか・・

”現物” を見たいと思って、そんな疑問がわいたのですが、祭りの紹介はされているものの

わらじ ”本体” について解説されているサイトがなかったです・・

ううん・・ どうなっているんだろう・・

そんなんで調べていたら、興味深いことがわかりました。

このお祭り 郡山市の ”郡山うねめまつり” と日程が重なることが多いというんですよ。

同一県内の大きな街どうしのライバル関係といえば・・

長野県でいうと、おなじみ 長野市VS松本市 埼玉の浦和と大宮 群馬の前橋と高崎・・

それで福島は、福島市VS郡山市 なのだとか :roll:

長野 ”びんずるまつり” と 松本 ”ぼんぼんまつり” は確か日程が重なることはないと思ったが・・

そうか 福島と郡山は同じ日程で ”ぶつけ合う” わけね :::ico75:::         小松 明