背番号19がすごい 前編

一か月に渡ったワ一ルドカップも、ご存知のとおりフランスの優勝で幕を閉じました。

閉会式というかフランスの選手達が喜んでいる映像を見て、気になることがありました。

金色の紙吹雪を大量に噴出させていたじゃないですか。

あれを片づけるのは大変だよなあ・・

掃除機みたいなもので吸い取れば早いのでしょうが、雨が降ってましたね。

そうすると紙吹雪が水を吸って、なかなか吸い取れず・・

ホウキとチリトリか・・

いやあ、これも芝生の上では掃きづらいから、最終的には ”手でひろう” かな :?:

これだな・・

なんといってもワ一ルドカップ優勝のセレモニ一で使われたものですから、

”金の紙吹雪差し上げますよ” と呼びかければ数千人はあっという間に集まるんじゃないかなあ・・

ああ・・ でもそんなにたくさんの人が芝生の上を右往左往すると芝生が傷むか・・

ううん・・ どうやって片づけたかなあ・・

 

熱風の中、諏訪湖スタジアムへと向かいました。

 

夏の全国高校野球長野県大会。

今日はベスト16をかけての3回戦。

私の母校が登場するので、応援に行ったのです :::ico129:::

 

いつもながら試合開始のこの整列は、気持ちがいいものです。

 

この写真見てください。

見事バントを決めたわけですが、ボ一ルの位置に注目 :!:

地面に落下するぎりぎりの瞬間 8-O

狙っていても撮れる写真ではないなあ・・

 

しかし暑い :::ico3:::

試合開始から1時間ほどは、母校応援団席にいたのですが、もうダメだっ :::ico66:::

バックネット裏の ”日陰席” へと避難。

しかし ”日陰席争奪戦” は、とっくに終了していました。

日陰席は超満員 :::ico9:::

しかし、階段スミのスペ一スにかろうじて隙間を見つけ、ほっ :::ico35:::

試合は1点を争う白熱した展開に :::ico75:::

そして我が母校が1点リ一ドで迎えた9回裏。

あろうことか、いきなり先頭バッタ一を四球で歩かせてしまいました :::ico45:::

ど、どうしたんだ(後から聞いた話ではこのピッチャ一、熱中症にかかりフラフラの状態だったとか)

その後送りバント処理を誤り、エラ一で無死1、3塁。

いやあ これはマズイ :::ico55:::

同点は覚悟して、延長戦に持ち込むしかないな・・

そこでピッチャ一交代。

監督がマウンドに送ったのは、なんと「背番号19」をつけた2年生ピッチャ一 :::ico17:::

この場面で ”抑えてこい” とマウンドに送られたとしたら、泣きたくなるじゃないですか :::ico42:::

ところがこの「背番号19」の選手がすごかったのです。

つづく :::ico80:::                              小松 明

もはやハス畑

そういえばクロアチアってどこにあるんだろう :?:

地図で調べたら・・

なるほど ”イタリアの対岸”  ”ギリシャの左上” といった感じでしょうか・・

それで地図をご覧ください。

陸続きの外国がなんと5か国もあるんですよ :idea:

ヨ一ロッパの国はたいてい複数の国と陸続きですからね。

外国に行くこと=海を渡ること が常識の我々日本人にはちょっとわからない感覚です。

”海外” という言葉は日本ならではの言葉みたいですよ。

”海外旅行” ”海外遠征” ”海外組” ・・・

しかし隣国と陸続きの場合、道路なんかには ”関所” みたいなのが多分あるんでしょうが、

山とか平原とか、そういう場所には何もないんだろうな・・

そうすると勝手に ”海外旅行” ができちゃうのかな・・

ううん 不思議ですな :roll:

 

高島城から上諏訪駅方面に向かう道沿いの橋から見えるこの光景 :::ico95:::

 

この川は「衣之渡川」というんですが、ご覧のとおりハスがびっしり :::ico17:::

 

こ、これは・・

もはや川というより ”ハス畑”

以前からこの場所は ”ハスの名所” なのですが、今年はまたものすごいことになっています :::ico45:::

 

花が咲く時期はこれから、といった感じで咲きかけの花が多く見られました。

 

それでもこうして咲いている花を見ると、実に可憐ですねえ :::ico35:::

この色合いが素晴らしい :::ico24:::

 

ハスで忘れてはならないのが、葉っぱの ”はっ水力”

葉っぱにたまった水がはじかれてゼリ一のように見えます :!:

 

 

サトイモの葉っぱも同じように ”はっ水力” があるそうです。

水が盛り上がって面白いですね :::ico7:::

 

葉っぱがでかい 8-O

これは傘の代わりになりますね(となりのトトロでしたっけ :::ico6::: )      小松 明

積乱雲軍団迫る

いやあ クロアチア強いなあ :::ico81:::

お忘れの方もいるかもしれませんが、日本は過去ワ一ルドカップで2回も

クロアチアと対戦しているんです。

1998年 0一1 で敗戦

2006年 0一0 で引き分け

おお いい勝負をしているではないですか :::ico5:::

なんと 1997年の親善試合では、4一3で勝っているんですよ :::ico4:::

そのクロアチアが決勝進出ということは日本だって・・ と思うじゃないですか。

ところがクロアチアに勝利したころの日本のFIFAランキングは18位 :::ico17:::

それが現在は61位 :::ico12:::

なんで :::ico45:::

どうしてそんなに下がったんだ 日本 :::ico9:::

 

諏訪湖上空に ”大積乱雲軍団” が出現しました 8-O

 

これだけまとまった雲は、かなりの迫力 :::ico24:::

 

現在は岡谷市から下諏訪町の上空にいると見ました。

これから諏訪市にやってくるのか :::ico68:::

 

これだけの積乱雲が発生すると、その下は ”ただですむはずがない”

まだ雨は降っていないようですが、おそらく相当暗くなっているのでは・・

この日の夜、諏訪市内ではかなり強い雨が降りました。

なるほど こやつらが来たというわけか・・               小松 明

ニッコウキスゲ三昧

近々、姪の結婚式があって出席するのですが、お相手の方とどうやって知り合ったか聞いてみると、

”友人の結婚式の二次会”  :idea:

そうなんですよ。

以外と二次会で知り合ったというケ一スはよく聞きます。

それで、当社の煮え切らない ”草食系男子独身組” の連中に

”友達の結婚式に呼ばれたら、二次会に必ず参加すること” と厳命しているのですが、

どうにもねえ・・

ああ どうしたら ”草食系男子独身組” に春をもたらすことができるでしょうか :::ico45:::

いやね

私が言うのもなんですが、”コマ” はそろっていると思うんですよ うん :::ico24:::

 

2日前にニッコウキスゲを見に霧ケ峰に寄ったのですが、「富士見台展望台」の最上部まで

登りました :::ico73:::

 

どなたか観光客の方が言っていたのですが、上に登るほど ”囲まれ感” が増してきます。

 

こうやってね ニッコウキスゲの写真を撮るのですが、どうもいけません :::ico32:::

贅沢な話かもしれませんが、毎年同じ場所に来ていると :::ico95:::

”また来てしまった もう1年たったか”

ちょうど諏訪市民のみなさんが、花火に対する感動がなくなってしまうような・・

”ああ また花火の季節か”

 

それでも毎年違った写真が撮れるよう、がんばっています :::ico107:::

 

八ヶ岳の裾野を背景にしてみました。

 

青空を背景に高い位置で咲いている花を撮りました。

そして色々試していたら、いいのが撮れたんですよ :::ico95:::

 

”ニッコウキスゲ三昧” をしていて考えて撮ったこの一枚 :::ico4:::

こんなように背景を真っ暗にして花を引き立てる撮り方は、私の好きな撮り方なのですが、

これがなかなか難しい。

こいつはうまく取れたなあ :::ico7:::

でもなんか ”高原の花” ニッコウキスゲっぽくないですね :::ico32:::

ううん やっぱり高原の風景が背景の方が似合うかな・・          小松 明

雲に伸びる虹

昨日の夕方、いい雲がでていたんですよ :::ico22:::

 

この写真を見て、おっ と気がついた方は注意力の強いお方 :idea:

写真左下をご覧ください :::ico146:::

 

大きくて色の濃い虹がでていたんです 8-O

しかし雨が降ったわけでもないし・・

どうして虹が出現したんだろう :?:

局地的に雨が降っていたのか :?:

 

どうです :::ico54:::

雲にむかって伸びる虹 :::ico8:::

しかもこの虹、相当長い時間消えなかったのです。

しかし今日も暑いですわ :::ico66:::                        小松 明