江音寺の桜と柳

最近 ”えずく” という言葉をよく耳にするのですが、”吐き気をもよおす” といった意味なんですね。

この言葉はまったく知らなかったので、新しい言葉かと思ったら昔からふつうに使われているとか。

つまり、使う地域と使わない地域があるということか・・

まあ諏訪では、「おえってなる」 とか言うよなあ・・

 

諏訪市から辰野町へと続く峠道「有賀峠」の登り口に「江音寺(こういんじ)」というお寺があります。

標高が少し高いこと、山沿いのため日があまりあたらないこともあって、結構遅い時期に桜が咲いているのです。

 

P4180005

まず目に入るのが、このお寺のシンボルの大きな柳 :!:

八ヶ岳方面の展望も抜群です :::ico17:::

 

P4180008

それで庫裏の屋根ごしに見える大きな桜 :::ico58:::

この時期でこの ”花量”  8-O

 

P4180072

立派な山門があって、両脇をこの大木が助さん格さんのように固めているんです。

こいつはスギかなあ・・

 

P4180081

境内にはシダレ桜もあって、赤く開花したハナモモ、新緑の柳、満開の桜・・

この場所ならではの光景ではないですか :::ico76:::

 

P4180094

それにしてもここの桜はデカいですわ :::ico54:::

 

P4180043

庫裏の屋根をアップで撮影すると、見事な曲線美 :::ico35:::

隣接する建物の屋根の模様が背景に写って、これは面白い :::ico76:::        小松 明