雪の高島城

今日は「鏡開き」なので、朝食にお汁粉を食べました。

それでまた悪いクセで、妙なことが気になりました。

お正月のお供えのあの二段重ねの丸餅のことを、なぜ ”鏡餅” というのだろう :?:

それで、それを食べることをなぜ ”開く” と言うのだろう・・

妻に聞いたら、まったく相手にされず ”自分で調べれば”  :::ico88:::

そして調べたら、この一連の疑問には、日本古来の武士の伝統が関係していたのです :idea:

江戸時代の武家においては、お正月に鎧などの具足に供える ”具足餅” また女性が

鏡台に供える ”鏡餅” があって、これを新年の11日に下げて、お雑煮などにして

食べる風習があったんですね・・

この風習が現代に受け継がれているというわけです。

また武家社会では切腹を連想させる言葉は ”忌み言葉” とされていたので、

餅を「切る」とか「割る」とか言わずに「開く」という言葉を使ったのです。

「開く」時には刃物を使わずに、手や木槌を使ったそうですよ :::ico45:::

(鏡開きの時に刃物は使わない方がよいということは、ふつうの人は知っていると

妻から言われましたが、そうかなあ・・)

つまり :::ico113::: 「鏡台にお供えをしてあったお餅を切って食べる」ことを、武家社会の風習に

基づいて言い直すと ”鏡餅を開く”  :::ico113:::  ”鏡開き” になるというわけですね :!:

また、何かのお祝い事の時に酒樽を割って、振舞い酒をするじゃないですか。

あれもよく ”鏡割り” と言われますが、”割り” ではなく ”開き” を使った方がいいみたいですよ。

この場合の ”鏡” は、樽のふたが丸くて平らな形から鏡のように見えるので、”鏡” と言われる

そうです。

変なことが気になるのは私の性分なんですが、こうやって調べると勉強になりますわ :::ico87:::

日本には武士のDNAがしっかりと受け継がれていますなあ :::ico83:::

 

今冬の諏訪地域は雪がほとんど降っていませんが、お正月の2日の朝起きたら、結構

積もっていたんですよ。

この日が今シ一ズンの「雪かき開幕戦」 :::ico17:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝、所要があったついでに高島城に寄ってみたら、”白い世界” になっていました。

誰もいません・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天守閣前には立派な門松があって、雪をかぶっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冠木橋に出てみると、石垣とお堀が真っ白 8-O

つまりお堀は結氷しているんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

諏訪湖に行ってみると、周りの山々の雪景色がきれいです :::ico7:::

”諏訪の冬景色” ですね :::ico35:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カモが飛んでいく向こうに、雪化粧をした山々が広がります。

この雪はまたたく間に溶けました :::ico32:::                    小松 明