石段を少し登る

2月のこの時期は私立大学入試の最盛期。

今の入試制度は複雑になってよくわからないのですが、

いいなと思うのはネットで合否結果がすぐにわかること。

昔は諏訪のような地方の学生が合否結果を知る手段といえぱ :::ico95:::

①実際に見に行く :::ico113::: 昔は合格者の受験番号が大学に貼り出されました。

今はないでしょう。考えてみたらあれを用意するのも大変だったよな・・

②新聞で確認する :::ico113::: 今では信じられないことですが、かつては地元紙朝刊に

合格発表の翌日あたりに、主要大学の合格者名が実名公開されたのです :::ico17:::

③電話を依頼する :::ico113::: これね :!:  お心あたりがある方もいるでしょう。

大学の場所を下見に行くと、学内を徘徊している先輩学生が、すっすっと寄ってきて

「どこら来たの 合格発表を見にくるのは大変だから代わりに見て電話するよ」

という営業があったのです。

その料金の ”相場” は確か2000円くらいだったかな・・

お金だけ払って合否確認をしてもらえないかも・・というリスクはありますが、そこは「性善説」。

まあ、”騙された” という話は聞いたことはありませんから、

”電話屋”アルバイト” は立派に成立していたのでしょう。

④書類を待つ :::ico113::: 合格者には入学手続きの書類が送られてきますから、

「人事を尽くして天命を待つ」方は書類が到着するのを待ったかも・・

 

私が不合格であった電話の例ですと :::ico113::: 「ダメでした」 :::ico113::: 電話屋さん、一言でしたね :::ico88:::

 

石段を上ってお参りするという神社はあちこちにあると思います。

諏訪地域では「手長神社」「小坂観音」そして少し前にご紹介した「北斗神社」 :::ico17:::

忘れてはならない神社に「足長神社」がありましたよ :::ico7:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足長神社は霧ヶ峰へと上る道沿いにあったよなあ・・

何しろ小学校の遠足で行ったような・・ そんな記憶しかありません。

行ってみたら、さらに下部の道から上ってくる石段がありました。

今回はこの部分を省略です :::ico80:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうするとですね・・ おっ あとこれだけか :::ico35:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足長神社は御柱の時に勇壮な騎馬行列が見れて、それは素晴らしいんですよ :::ico10:::

そしてこの石段を御柱を曳いて上るわけです。

聞いた話で詳しいことはわからないのですが、何でも四本の柱が競争して上るとか・・

こんな狭い石段を競争できるのか・・

いずれにしろ、大変なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけの石段なら、わけなく上れました。

この石段、中央部に手スリがついているんです。

こんなに ”人にやさしい” 石段はなかなかお目にかかれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神社の境内の木の隙間から、遠く諏訪湖が見えました。

「諏訪の伝説」によると、かつて足長神社の神様が手長神社の神様をおぶって、

二人で協力して諏訪湖で魚をとったとか・・

足が長いから諏訪湖まで ”一またぎ” だったかな :::ico5:::         小松 明