ブル一トレインだ!

富士宮方面に長期出張工事に出かけていたYG澤君と話をしていたら、

「富士山ナンバ一を見ましたよ」と言うんです。

富士山ナンバ一を知らなかったようですね。

それで富士山ナンバ一は、”ご当地ナンバ一” としては唯一、二県に存在する、

と説明したものの、この男、信じないんですわ :::ico45:::

じゃあネットで調べてみ :::ico113::: ほんとだ 8-O

何しろ、静岡、山梨両県にとって ”富士山はどちらのもの” ひじょうに微妙な問題ですからね :roll:

どちらか片方の県だけに富士山ナンバ一を認めたら :::ico95:::

”ほらやっぱり富士山はうちのもの なにしろ国がナンバ一を公認したからね” になってしまいます :::ico32:::

昨年の夏

諏訪湖花火大会で駐車場の管理業務をしていた時。

富士山ナンバ一の車の方と話をしていて、”静岡の富士山ナンバ一” ということがわかったので、

何気に「やっぱり富士山は静岡のものですか」と聞いたら、

”当たり前です :::ico17::: ” 一喝されました :::ico9:::

 

富士山で思い出したのですが、昨年の晩秋に ”富士急行沿線ぶらり旅” をした時のこと。

”昭和の街並み” が見れるという場所があると知って、降り立ったのが :::ico95:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「下吉田」駅

この駅の構内にはなんと :::ico95:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお ブル一トレインの客車が保存されていたのです :::ico54:::

最後のブル一トレイン「北斗星」が廃止されて何年になるかな・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スハネフ14形式

:!:  この形式は「富士」には使われていないが・・ 細かいことはいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやあ 今見ても心が躍りますなあ :::ico10:::

ブル一トレインは何度も乗りましたが、もう一度乗りたいなあ :::ico10:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓の中央部に見える ”棒” は、折り畳み式のハシゴなんですよ :::ico8:::

取手を持って左右に広げるとハシゴになるわけです。

 

さて、下吉田駅をあとにして、しばらく歩いた場所に神社がありました。

「小室浅間神社」というんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内にあった立派な木。

御神木のようなのですが・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へええ 桂の木なのかあ :idea:

桂の木なんて、あまり馴染みがないですが「縁結びの霊木」だそうですよ :::ico35:::

葉っぱがハ一トの形をしているというのですが、葉っぱが散ってしまっているこの時期は

見れずに残念 :::ico32:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな池には鯉が多数 :::ico44:::

人の気配がしただけで、エサをくれるのかと集まってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「護良親王古墳」 :?:

ううん・・ 護良親王 皇室の紋章があるから皇室関係者か・・

調べたら :::ico95:::

護良親王は後醍醐天皇の第1皇子。

1333年の鎌倉幕府滅亡に貢献したが、活躍が宮中で疎んじられ、

鎌倉に幽閉の末、2年後に28歳で殺害されたとか・・

若くして殺害されてしまったのかあ・・

さぞ無念だったでしょう :::ico83:::

 

 

 

 

資料画像

 

護良親王 勇ましいなあ :::ico107:::                   小松 明