昭和の街並みを歩く

今日はバレンタインデ一です。

お昼に昼食を食べに自宅に戻ったら、タイヤキが入っているような紙袋が置いてあったので、

何かと思ったら中身はチョコでした。

これはもう ”事務処理型チョコ”  :::ico32:::

つまり、「義理チョコ」ではなく「事務チョコ」 ということですな :roll:

 

富士急行線沿線に「月江寺」という駅があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの駅の近くに ”昭和の街並み” が見れる商店街があるというので、散策してみたのです。

中でも「月の江書店」という本屋さん :::ico95:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資料画像

 

すごいでしょ :!:

昭和は昭和でも ”アンダ一40” つまり30年代か20年代を彷彿させるこの外観 :::ico17:::

なんでも、昔ながらのプラモデルとかマンガが大量に販売されているというので

心を躍らせて探したのですが・・

ううん・・ 準備不足 :::ico88:::

時間もなく場所がわかりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも歩いていると、こんな食堂を発見 8-O

こういう店のラ一メンとかカツ丼はうまいんだろうな :::ico15:::

天ぷら さしみ 焼物 各種定食 うどん そば・・

どんなメニュ一なんだろう と、写真左に掲げてあるメニュ一板を画像拡大で確認したら

な なんと :idea:

英語表記のメニュ一が大きく書かれており、日本語は小さくその下に :!:

例えば 「さしみ定食」 は、英語で大きく 「Sashimi set meal」 という具合。

富士山ろくの町々は、完全に ”国際都市” になっているわけですね :::ico146:::

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお ここは素晴らしい :::ico54:::

”純和風” を守り通している看板 :::ico17:::

店前にさりげなく駐輪されている ”ス一パ一カブ”  :::ico17:::

”創業から60年 日の出屋のコロッケ” 食べてええ :::ico45:::           小松 明